最も美しい日本庭園トップ5

自然が持つ壮大な美しさを際立たせ、可能な限り人工的な要素を排除した日本庭園は世界的に有名です。しかし、それは長年にわたり人間の手によって維持されてきたため、人間が作り出した美であると言うこともできます。

日本庭園には、伝統的な神道や仏教、道教などの要素が含まれていることも忘れてはなりません。止まることのない時間の流れを表現しており、観光の見どころの1つとなっています。

そこで、都市やコンクリートから離れた異次元の世界へと誘ってくれるような興味深い庭園をいくつかご紹介します。

兼六園

金沢市にある兼六園には日本庭園に欠かせない6つの特徴があります。その特徴とは、「広さ」「静けさ」「敬意」「英知」「眺望」「デザイン」です。

兼六園では、自然の風景、池、小川、丘を楽しむことができ、茶室や東屋もあります。

後楽園

岡山市にある後楽園。名前の由来は「天下の憂いに先立って憂い、天下の楽しみに後れて楽しむ」とする中国の教えから名付けられました。建設が始まったのは1687年ですが、一般公開されたのは1884年のことです。そして、園内からは岡山城も見ることができます。

アクセスは、岡山駅まで電車で行き、そこから徒歩の場合は30分ほどで着きます。

偕楽園

領内の民と偕(とも)に楽しむ場にしたい」という意味を持つ水戸市の偕楽園。かつては個人の庭園でしたが、現在は一般に公開されています。3000本以上の梅が植えられ、春先には一斉に咲き誇ります。

偕楽園へは、東京の品川駅から特急電車で水戸駅までアクセス可能。水戸駅からは徒歩で30分、バスで15分ほどで到着します。

小石川後楽園

小石川後楽園は東京で最も古い庭園であると同時に、江戸時代の遺構を見ることができる貴重な場所でもあります。その美しさは広く知られていますが、最大の見どころは江戸封建時代とのつながりです。ここでは、水戸藩の藩主が築いた400年近い歴史に触れることができます。

園内は池や緑からなる豊かな景観が広がり、特に梅が有名です。かつては25平方メートルの広さがありましたが、現在は約7万平方メートルに縮小されています。

浜離宮恩賜庭園

封建時代を代表するもう1つの庭園と言えば、東京湾と隅田川の近くに位置する浜離宮恩賜庭園です。ここには、都内唯一の海水の池があります。浜離宮は東京で最も古い封建時代の庭園の1つであり、日本の重要な文化財であることをお伝えしておきましょう。

江戸時代には鷹狩りの場として利用され、明治維新後には皇族の離宮となりました。そのため、美しく落ち着いた雰囲気があり、広々とした都会のオアシスとして毎日の散歩に最適です。